お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




通貨・両替・チップページトップへ>

通貨・両替・チップ
通貨

通貨単位はキープ(Kip) 一般に流通している紙幣は500、1000、2000、5000、10,000、20,000、50,000札があります。 硬貨はありません。

両替

両替は空港、銀行、街中の両替所などでできます。大都市では日本円の両替もできます。タイバーツ、アメリカドル(紙幣のみ)も流通していますが、釣り銭はキップで戻ってきます。日本からはアメリカドルの小額紙幣を多めに持参し、現地で少しずつ両替するようにすると良いでしょう。


気候・服装ページトップへ>

気候・服装
気候

熱帯モンスーン型気候で、暑季(3~5月)、雨季(6~10月)、乾季(11~2月)の3つに分けられます。年間総雨量のほとんどは雨季となる半年間に集中しますので、その他の季節ではあまり雨は降りません。また、雨季の間は夕方にスコールが降る程度ですので、一日中降り続くということはありませんが、8月や9月は雨量が多く、1日中雨が降ることもあります。 乾季には北部山岳地帯は気温はかなり下がり、山深い地域は霜が下りることもあります。なお、ビエンチャンは年間通じて最高気温は30~35度(乾季には若干下がります)、最低気温は17~25度程度です。

時差

3月から5月にかけては、昼夜を問わずかなりの暑さですので昼間はTシャツ1枚で十分ですが、11月から2月にかけてはビエンチャンでは最低気温が20度を下回り、ルアンプラバンなどの山岳地帯ではさらに冷え込みますので、トレーナーなどの上着を忘れずに用意しておきましょう。また、メコン川を船で下る場合には風が冷たいこともあるので、雨季乾季を問わず防寒具の準備が必要です。

時差

日本とラオスの時差は -2時間


基本情報ページトップへ>

基本情報
 
首  都 ビエンチャン
面  積 24万平方キロメートル(日本の約70%)
人  口 約612万人
言  語 ラオス語、タイ語
民  族 アラブ人
宗  教 仏教
電  圧 220ボルト
周波数 50ヘルツ
プラグタイプ A型/C型